サムシング・ロッテン! SOMETHING ROTTEN!

Introduction

サムシング・ロッテン!とは

タイトルの“Something Rotten!“=サムシング・ロッテン!とは直訳すると「何かが、腐っている!」という意味。これはハムレットの一節”something is rotten in the state of Denmark.”を思わせるタイトルですが、本ミュージカルはこのように複数の戯曲、ミュージカル作品へのオマージュが随所に登場するコメディミュージカルです。

1990年代にケイリーとウェインのカークパトリック兄弟のアイデアから始まり、2015年にブロードウェイにてオープンしました。当初はシアトルにて五番街劇場で試験興行する予定でしたが、内容が評価され、すぐにブロードウェイでの上演が決まり、現在は全米をツアー中です。「コーラスライン」、「アニー」、「レ·ミゼラブル」などの人気ミュージカル作品や、シェイクスピア作品を彷彿とさせるシーンの数々が、舞台·ミュージカルファンの心をくすぐるとして話題になり、2015年のトニー賞では9部門10ノミネート、うち1部門を受賞いたしました。

日本版上演について

日本語版の演出·上演台本は、現代のヒットメーカーであり、「笑い」と「ミュージカル」をこよなく愛する福田雄一が務めます。そして、メインキャストには今の日本のミュージカル界を牽引する、主役級の俳優たちが集結しました。
スランプ中の劇作家である、主人公のニック役に中川晃教、そのライバルでありルネサンス時代のスーパースター劇作家·シェイクスピア役を西川貴教が演じます。また、ニックを献身的に支える頼もしい妻ビー役に瀬奈じゅん、ニックの作品に大きな影響を与える予言者ノストラダムスには橋本さとしという豪華な布陣です。 ニックのピュアな弟ナイジェル役の平方元基と、清教徒の娘ポーシャ役の清水くるみという、若い実力派キャストにも注目です。